住まいや暮らしを支援|自分のマンションを売る時が来たなら専門家に相談しよう
住宅

自分のマンションを売る時が来たなら専門家に相談しよう

住まいや暮らしを支援

女性

金銭的問題も生じる

マイホームを取得することで、個人には様々な税金問題があり、手続きの代行サービスを賢く利用するのもテクニックです。茨木では親子二世帯での住まい探しとして不動産会社への相談が定着しています。庭付き一戸建ては茨木でも人気の不動産で、購入に関しては親からの援助による贈与税もかかります。条件などによって、控除される金額や非課税となる場合もあり、こうした手続きや軽減措置などに強みを持つのも不動産会社です。また、贈与税と相続税に関する仕組みも大きく変わり、仕組みや特例などを含め、親子二代で相談に訪れるケースが増加しています。マイホームを購入したものの、転勤となるなど、暮らしは日々変化します。単身赴任や家族での引っ越しなどによっても、税金の控除などの適用が異なります。疑問点を解決してくれるFPや税理士など、専門家で構成された不動産会社の活用が評価できます。

独自のサポート体制

茨木では不動産購入後のトラブルが少なく、賠償を含め、契約にプロが関与してくれることが評価されています。一例には、不動産では後々に欠陥が見つかるケースもあり、責任が誰にあるのか確認が必要です。茨木一帯でも、住宅品質確保の促進法で賠償されますが、該当しない場合、不動産会社独自の保証やアフターサービスが決め手です。また最近では、自然災害による損害も見受けられています。この場合にも、契約してから引き渡しまでに、危険負担の取り決め契約によって損害に対応できます。地元に根付く不動産会社が人気を集めている理由には、一戸建ての場合には隣家との敷地の境界線トラブルも挙げられています。話し合いを含め、法的にも間に入ってくれるため評価されていますし、サービスの1つになっている挨拶まわりなどはトラブルを防ぐ良い手段とも言われています。